ぷらちなでいず

経営コンサルタント的なお仕事をしているオッサンのライフログ。 趣味はラグナロクオンライン:breidablik鯖にて2017年6月より復帰プレイ中 復帰前はmagni→vali鯖でした。 投資:少額ながらプラチナ投資を継続して実施していたりもします。

「会社は3年経たずに辞めてもいい」は間違い! 

ALOHA~ 涼宮ぷらち(@platinumszmiya)です。
 

 「会社は3年経たずに辞めてもいい」

いわゆるインフルエンサーを自称するような方々が無責任に若い人をけしかけているこのフレーズ。

イチ社会人のおっさんとして、見過ごすわけにはいきません。

「最初の会社は3年かじりついてみる」ことを猛烈にお勧めします!!

最初に入社した会社を3年間辞めなかったら、どれ程にお得なのかをご説明します。

 

3年という時間が一人前のビジネスパーソンを作る

 

1つめのお得ポイントは、3年という時間があれば、特にお金を払わなくても会社があなたを一人前の社会人に育てることです。

最初に入った会社で3年勤務するってこと自体には大した意味はありません。

会社にしがみつくことを「努力・根性・勝利」っていう古めかしい価値観からおすすめしているわけではないのです。

実は、勤続年数3年という時間が重要なのです。

「最初の会社は3年かじりついてみる」ことの本当のメリットは、その場での仕事が一巡するまでは体験してみて学べるってこと。

ベテラン社会人ならば誰もが同意すると思いますが、3年っていうのは1つの仕事、1つの現場での業務をざっと一巡することができる時間です。

これより短ければまだお試し期間の域を出ませんし、逆に4年目以降は二巡目に相当する段階でビジネスパーソンとしては次のレベルが見えてくる頃になります。

せっかく入社したのですから、仕事のやり方や考え方、良いことも悪いことも一巡見てから退職・転職・在籍を続ける等の判断をしたほうがいいでしょう。

 

ビジネスを学ぶにはビジネスの現場に飛び込むしかない

 

2つめのお得ポイントは3年勤続すればビジネスの基礎を学べることです。

サラリーマンであれ、自営業者であれ、何らかのカタチで仕事をして収入を得るということをビジネスといいます。

ビジネスを日本語に言い換えますと商取引、とでも言い表せます。

商取引、つまり「商い」の「取引=交渉」ということになりますね。

 

営業や販売に限らず、商取引で重要になってくるのは人対人のかかわり方です。

なぜならば、自分ひとりだけで完結する商取引というものは存在しないからです。

(もちろん極端に自己完結の割合が高い仕事というものもありはしますが)

 

誰かとコミュニケーションを取る術を知らなければ、ビジネスは自分が思うようには動きません。

 

今はネットで様々な働き方をする方が大勢います。

中にはとても斬新なワークスタイルで憧れる人だっているかもしれません。

憧れや夢のような暮らしを目指すこと自体は自由です。

しかし、最低限ビジネスの現場に身を置いてビジネスの世界での基本をマスターしていかなければ、憧れはあこがれのままでしかないでしょう。

ビジネスの場面で問われる一般的な商習慣も身につかないうちには、大きな事をやれるはずがないのです。

 

ビジネスで基本中の基本になる「電話」は社会人になれるかどうかの大きな差

 

ビジネスの場面で問われる一般的な商習慣の最たるものとして、電話応対があります。

カンペなどを見ずに「いつもお世話になっております。〇〇商事の△△です」からはじまり、すらすらすらーっと話ができなければ仕事になりません。

今の若い方は各ご家庭に固定電話がなかったり、ほとんど携帯電話でのやりとりになっていたりするので電話が苦手な人も珍しくありません。

だからこそ電話応対の「すらすらーっと」ができないものですが、できなくても笑って許されるのは2年目位までです。

高校や大学を出て数年経ってからも電話応対がたどたどしかったならば、ビジネスパーソンとしての能力は低いとみなされます。

それだけならばまだいいほうで「この人には隙がある」と判断され、不利な交渉を押し付けられたりもします。

ネットワークビジネス(いわゆるネズミ講・MLM)や悪徳商法のベテラン営業マンなどは、この「隙」を察知して強引に捻じ込んでくるのが抜群にうまいものです。

仕事が上手にできるようになるかどうか以前に、この厳しい世の中をサバイバルしていくためにも電話応対くらいは最初の会社に入社した後、3年間で人並みにできるようにならなければならないのです。

 

新人でも最初に入社した会社に3年勤めれば、専門用語(業界用語)くらいは覚えます

 

3つめのお得ポイントは最初に入った会社で3年勤続すれば専門性が身に付きます。

ビジネスの世界では、様々な業界・業種によってそれぞれに特化された技術や知識、独自の文化風習などが存在します。

明文化されていないものまで含めて、この特殊性こそがビジネスを効率的に進めているカギであり、新規参入する競合がうまれにくくなる防護壁にもなっています。

何はともあれ、業界の事を知ることで、社会人としての第一歩を踏み出すことになります。

例として物流販売の世界をご紹介しましょう。

小売販売業ではメーカーと販売店の間で「お仕切り」という言葉が飛び交うものですが、何のことだかわかりますか?

コレ、仕入率のことです。

物流販売の仕事にしっかり従事することで、こういう具合の単語を「あたり前に」「いくつも」使った会話が現場でできるようになります。

言葉は知っている前提で、取引先の事情だって把握しなければなりませんし、自社の達成したいミッションもあります。

言葉を知った先に求められる能力が多岐に渡るうえに、能力そのもののレベルも要求されます。

最初に入った会社に3年勤務することで、あなたはその業界業種の世界を(まだまだ浅くですが)一通り知ることになります。

こうして得られた知見こそが専門性といわれるもので、ビジネスパーソンは大なり小なり己の専門性を駆使して仕事をすすめるものです。

 

成功したものは皆すべからく努力しておる!!

 

大人気ボクシング漫画「はじめの一歩」作中で鴨川会長が語ったお言葉です。

ビジネスパーソンとして仕事をして、稼いでいくのに必要な技術や知識、1つ1つの要素を最初から兼ね備えてる人、できる人がいないわけではないですが、かなり稀有な存在です。

ホリエモンが学生時代から頭角を現していたのとかと同じレベルで稀有だと思います。

若い方は1つ位なら上手にできる能力がありつつも、他は学生あがりの素人さんに留まっているレベルから、学習、経験と慣れで3年程度かけて一人前に育つのが普通です。

 

学校や会社を辞めても、人生における踏ん張りどころが別の場所・時間に代わるだけです。

どんな境遇・立場であっても、あなたの人生をより良くしたいと考えるのであれば、いつかどこかで人知れず根気強く努力を続けなければならない日々が訪れます。

 

(なお、私は若い頃に随分すさんだ暮らしをしていた時期があり、今のルートに戻ってくるまでには20年弱の月日がかかりました。その後、現職へと転職を成功させるのに費やした日々がまさに3年間なのです。)

 

せっかく会社がタダであなたを一人前の社会人に育てて専門性を持たせてくれるというのです。

よほどブラック企業でない限りは、最初の会社には3年かじりついてみるのをお勧めします。

3年経ったその日に辞表を提出してもいいじゃないですか。

 

f:id:platinumsuzumiya:20191019131813j:plain

最初に入った会社は辛くても3年続けてみてくれ!俺は応援してるぜ!

 

それでは!MAHALO~