ぷらちなでいず

経営コンサルタント的なお仕事をしているオッサンのライフログ。 趣味はラグナロクオンライン:breidablik鯖にて2017年6月より復帰プレイ中 復帰前はmagni→vali鯖でした。 投資:少額ながらプラチナ投資を継続して実施していたりもします。

ブログ・資格試験・ライティング…私がやりたいこと全てを再構築してより良い状態を追求します

みなさんお久しぶりです。涼宮ぷらちです。
 
ブログの更新がなかったのですが、これには色々な事情がありました。
今日はその事情についてあれこれと書き連ねてみようと思います。
 

ブログのアクセス数が伸びずに悩んでいた(しかも資格試験直前の7月に)

ありきたりですが、ブログのアクセス数が伸びず、このブログの方向性について悩んでいました。雑記ブログとしてスタートしたのですが、雑記にも程があるというか…
どうしたらいいのだろうかということを割と深く考えていました。
 
過去にココで書いてきた記事・Evernoteにストックしてある記事の内容や分量を総点検と、へっぽこブログなりにこれまでにアクセスを集めている記事の傾向などを集計しました。
 
それらのデータを一度きちんと目の前に並べた上で、今後どのようにブログを運営していくのが良いのかを検討しました。結論としては、あまりにも雑然としすぎていたコンテンツのジャンルを絞る事にしました。
 
今まではライフログに近い形で記事を更新してきたのですが、正直なところ来訪者にとって読みやすいコンテンツ構成になっていなかっただろうという結論です。
 
例えばライティングの事について書いてある記事を読みに来た方がブログ運営やアフィリエイト絡みの記事は多少関心があるかもしれません。でも、プラチナ投資やライフハックについてはどうでしょうか??? …そして資格試験対策などになると「ほー、がんばってるなー」程度には思うでしょうけど、ほとんどの場合は関心が薄いでしょう。
 
今後は全てを書いてアップするのではなく、ある程度の方向性を定めて記事を書いていきます。
 

コンセプトに収まらない部分を別ブログで記事更新することに決定

では、これからはココに掲載しないような従来書きなぐってきた諸々の記事はどうしたらいいのでしょうか?
 
これらのアクセスも取れない、ジャンルもごった煮の(人によっては)ゴミ記事と言われる文字達はどうしても書きたいから書いたんだろう、っていう自己分析をしています。突き詰めると誰かに読んでもらいたい、それで何かの価値を提供したいとかじゃなくて、自分が自分のために書いただけの記事。いわば自分の考えや感情をコントロールするための文字達だと思っています。
 
でも。こういう誰かに読んでもらうためのものじゃない要素が雑然と入っているブログなんて確かに誰もよまないですよね。玉石混交というか。控えめに言っても雑味成分は多めです。洗練はされていない。
 
こういう分類不可能なもので、アクセス数に結びつかないようなものについては、ノンジャンルで書きなぐるブログを別で作ろうと考えました。とりあえず自分のために文章でまとめてアップして、内容に応じてココに掲載するためにリライトするという仕組みです。
 
無濾過の日本酒やフロムザバレルのウイスキーみたいなものとイメージしています。決してまずいわけじゃない(むしろ個性的で美味しかったりします)けれど、スタンダードで提供するものじゃない、というニュアンスですかね。
 
ある意味で従来の「ぷらちなでいず」らしさが継承される、ライフログ感たっぷりの場所になると思います。アクセス数?マネタイズ?セオリー?SEO? 全てシラネでいきます。
 

中小企業診断士受験についての事は別ブログで記事更新

中小企業診断士受験、そして合格、というのが今の私にとって最大のミッションです。さっそく来年度に向けて日々学習時間を確保しております。これを淡々と書くスペースも欲しいなって思っています。
 
というのが、中小企業診断士受験の記録は主にstudy plusというアプリでとっていて。毎日のことなのでこれもデータとしては結構な分量になります。コンテンツにしないのも何だかもったいないなぁって感じたりしたわけです。
 
また、資格試験を受験する方にとって情報は命ですから、その提供ができれば素晴らしいことだよねというのも思ったわけです。中小企業診断士はボリュームも多くてとっつきにくいですからね。
 
ただ、コンテンツとして考えた場合、他の諸々と比べてどうしても興味関心の持たれ方はギャップが大きい内容だとも捉えています。大人になってからのペーパーテストの重要性って、人それぞれだろうし。一般的には全然関心持たれない分野だろうなというのは百も承知なわけです。
 
書ける分量がある、書きたい。だけどニーズは人によって大きな差がある。ということで、中小企業診断士受験については独立した別のブログを運営することにします。
 
今がそうなのですが、日々の学習時間確保をプライベートで最優先のタスクとしています。息子との時間を確保したら、その次は何をおいても資格試験対策に時間を割いています。故に、ブログの更新やライティングなどの時間はあまり取れません。
 
中小企業診断士受験のブログは、原則として週イチ更新にする予定です。(これで本試験まで52週の計算になります)1年間の激闘の記録で、100記事位書けたらいいかな、って程度に考えています。もちろんココでアクセス数やマネタイズ等は期待していません。
 

妻子を持つおっさんの私が難関扱いされている国家資格を取るためには、それなりの割り切りも必要

色々な方面に関心ごとがあるのですが、それら全てが一度に全て整うということはありません。今年度の中小企業診断士受験で直前期にあれこれ反省したのですが、ちょっと手を拡げ過ぎたよなというのは否めません。

 
2018年上半期にやったことを列記すると
・中小企業診断士受験
・ライティング@ランサーズ&クラウドワークス
・ZINE執筆&発行
・マーケティングの勉強会へ参加
・コーチングの受講
・複業として、PCのメンテナンス依頼を数件受ける
・ブラウンダスト(スマホのゲーム)
 
など、です。もちろんこれに加えて日常の仕事、家庭の事なども普通にあります。
私という一個人が抱えきれる作業量を大幅に超えていたのは明白です。
 
実際に、日々の可処分時間(自分自身のことにのみ使える時間)を考えると
 
平日は早朝2時間・始業前@職場30分・昼休み@職場30分 合計3時間しかありません。
 
土日があるじゃないかって話も出るでしょうけど、まず日曜日は基本的に息子の世話で終日つぶれます。
土曜日は息子が保育園に行けば一応時間が確保できますが、プライベートなことはここに集中しがちで結局時間が確保できないということがとても多かったんです。
 
妻は土日に基本的にはネトゲとテレビにどっぷり浸かるため、ほんっとうに、まるであてになりません。H30年度受験の戦略戦術上での失敗は過度に土日を当て込んだこと、妻の協力を得られないことに必要以上に神経をすり減らしたことだと今は分析しています。
 
どうせ協力してもらえないのであれば、始めからあてにしなければいい。妻がネトゲ廃人だとしても、家事をしなかったとしても、私が中小企業診断士を合格することに物理的には何も影響しない(理屈上は)。勝負に徹するべきなのに甘えがあったと言わざるを得ません。実際に試験会場に出向いて問題用紙と対峙して戦うのは自らのみですしね。
 

何かを変えることができるのは 何かを捨てることができる者

 
コトバや音楽というものは不意に降りてくるもので、今年の中小企業診断士受験の際にはアニメ「進撃の巨人」のテーマソングで歌われる「何かを変えることができるのは 何かを捨てることができる者」という歌詞が非常にこころに響きました。
 
中小企業診断士を取ることによる個人のブランディングは非常に強力であること。
今の職場では給与体系上、資格取得により収入増が確実であること。
基礎的な知識の蓄積により業務内容のレベルアップが図られること。
理不尽な職場環境になったりした場合の脱出ツールとして有効であること。
齢60を過ぎてから(私の時はおそらく齢65定年になるでしょうが)の収入源確保に欠かせないこと。
 
こう考えますと、ブログの運営や更新、ライティング等と比較しても中小企業診断士合格の重要度を高めてなるべく最短で攻略するのが望ましいのではないかという判断に至りました。
 
とはいえ、ブログやライティングを辞めるというわけではないです。この2つもこれから先、生きていく上では必須のスキルになると考えていて、今ニワカで半年以上手を伸ばした以上、細くてもいいから継続していくことは重要だと思っています。
 
以上のような内容で、身の回りの事全てを一度リバランスしていこうと考えた次第です。ブログもゆるーく内容を変えていきます。