ぷらちなでいず

経営コンサルタント的なお仕事をしているオッサンのライフログ。 趣味はラグナロクオンライン:breidablik鯖にて2017年6月より復帰プレイ中 復帰前はmagni→vali鯖でした。 投資:少額ながらプラチナ投資を継続して実施していたりもします。

田舎暮らしで車必需品だけど、軽自動車1台処分したら年間200,000円近く節約だよ!

ALOHA~ 涼宮ぷらち(@platinumszmiya)です。

教育資金と老後資金の準備、ちゃんと考えてますか?
そんな金ないよ…って、つい思っちゃいますよね。
私もそうなんですが、昨年、自家用車を1台処分して現金を確保することにしました。

ちょうど1年経ったので、「自家用車を処分して支出を抑える」大技をご紹介します。


教育資金や老後資金を計画的に貯めていきたい、ならば自家用車を処分したらどう?


教育資金・老後資金を計画的に準備するためには、ただ単に現金を貯金していくだけでは難しいでしょう。

目標とする金額・期間を前提として逆算するとして。
例えば「20年後に2,000万円を準備したい」ならば1年あたりで貯金額100万円が必要です。
この100万円って額…がんばればできないこともないのですが、何かとハンデを背負わされてきた就職氷河期・ロストジェネレーション世代には正直かなり厳しい。

なにしろ、非正規雇用だと年収300万円前後だったりすることが珍しくありません。
(ちなみに私は6年前まで年収300万円でした…)

急に給料が飛躍的に上がったり、副業収入がいきなり増えたり、そういう都合のいい展開が今すぐ期待できないならば、現金を捻出しなければ資金計画の実行が難しくなります。
そこでおすすめしたいのが「自家用車の処分」です。

 

軽自動車1台を処分すると年間200,000円近く支出がカットされる

私が昨年実行した自家用車処分の体験談です。


わが家には車が2台ありました。
田舎住まいなもので車は生活必需品。
昨年7月までは以下の通り、夫婦それぞれに1台づつ所有していました。


・自分:ミラ(走行距離13万km)
・妻:デイズルークス(燃費偽装で一躍有名になった名車。新車で買って3年目)

教育資金や老後資金についての金策を考えていた際に、ふっと舞い降りてきた天啓・・・

車1台にしたらええんちゃう~? by神様
そんなことできるのかよ~!?(えがちゃん風に)

 

f:id:platinumsuzumiya:20190901110438j:plain

田舎暮らしで自家用車が1台しかない辛さ…わかるか?!

 

 

急いで妻と連絡をとって、どの程度コストカットできるのかを計算しました。
計算の結果、私の場合は以下のような状況であることがわかりました。

A・妻・職場駐車場 月3,000円×12ヶ月=36,000円 
→自分の職場の駐車場代は会社負担。ちなみに妻の会社とはたまたま近所。

B・自宅・駐車場1台 月3,000円×12ヶ月=36,000円 
→2台分契約しているので年72,000円支払っているのが36,000円にまで落とせます。

C・2台目車維持費 月3,000円×12ヶ月=36,000円
→私の車は移動距離がそれほどないのでガソリン代は月3,000円程度で済んでいます。一般的にはここが1万円~数万円はいくかと。

D・2台目車保険料 年間34,000円

コストカット試算合計(A+B+C+D) 142,000円

車を1台手放すことで収支としては142,000円が浮く計算になりました。

ここでは計算に入れていませんが2年に1度はミラの車検もある(約80,000円弱/タイヤ・オイル交換含む)ので実際にはもっとコストがかかっています。
また、私のケースではガソリン代が非常に安いのが特徴ですが、これはほんと稀なことで普通ならば月に10,000円以上はかかると思います。

あと、漏れてるぞってツッコミしたい人もいるでしょう。自動車税だって高くはないけれど年間4,000円です。

 

つまり、軽自動車1台を持つことで年間200,000円近くの支出をしているはずです。

 

2台あると自動車任意保険、車検、駐車場代、自動車税…と全て2倍のお金がかかります。これを1台にすることで(当たり前ですが)1台分のコストがまるっと節約できます。

 

車を1台処分した私の体験談1:物理的には辛いといえば辛いけれどなんとかなる

 

さて、実際に世帯で軽自動車1台になったらどうなったかをご紹介します。
田舎暮らしなので1人1台ないと辛いっちゃ辛いです。
なにしろ公共交通機関はバスが1時間に1本あるかないかみたいな地域です。
あったほうがいいに決まってる。

子供が急病などどうしても、というときはタクシー(短距離)を月に数回使うことになるだろうと想定していました。
それでも車の年間維持費を考えれば、タクシー代のほうが断然安くなると判断して車を処分したのです。

1台のデイズルークスを世帯で使うことになりますので、夫婦それぞれが車を使えない時だって普通にあります。
そこで、以前にも増して夫婦間で予定をあらかじめ話しておくようになりました。
いつ遠出で車を使うとか、いつ出張するから朝早く送迎ありだよとか、ですね。

車を1台体制にして以降、気にしていた公共交通機関の利用やタクシーの使用は年間トータルで10回はいってないと思います。
ハッキリ言うと、なんとかなっています!!(もっと早く1台にしてりゃよかった)

 

車を1台処分した私の体験談2:家族関係を良くするって意味ではかえって良かった

 

車が1台になったことの副産物になるのですが、朝の通勤通学、夕刻の帰宅、それぞれが家族全員で動くことが前提になりました。
朝と夕で毎日30分近く同じ車内で過ごすことになりますから、そこである程度会話があります。
この効果が思いのほか良いのです。


行きと帰りに必ず息子と接するので何か問題がないか、ちゃんと見てあげられます。
スマホを触らない時間なので息子が何をして欲しいのかダイレクトにわかります。
パソコンがない空間ですから、夫婦でちょっとした家族会議をできる時間になります。
時事ネタから家計の話、両親や弟夫婦との家族関係についての相談など、夫婦で腰を据えて話をできます。
おそらく、妻と息子からの視点でも、夫・父親とのコミュニケーションが良好になっているはずです(だって私がそうだから)。

 

決して褒められた話ではないのですが、うちの夫婦はそれぞれネット中毒なところがあります。
パソコンは1人1台、背中合わせで座っています。
妻の趣味と私の趣味が全然違います。
妻がネトゲを長時間やるのでその間、私はほったらかしにされています。
そういう不満ってすごく募っていたんですよね(今も多少は不満ではありますが)。

まあそれだけじゃないけれど、とにかくイライラしてました。

一時は離婚もあり得るのではないか?」位に考えていました。

 

そこに加えて、以前は車が1人1台ありました。いわば別々の個室ですよ。
朝も夕も移動がそれぞれ別だから、私はなんとなく自宅に帰りたくなかったり、だらだらと残業したりとかって状況が常態化していました。

 

今も夫婦それぞれに趣味も違うし、パソコンデスクに背中合わせで座る状況が変わったわけではありません。
だけど車が1台だから、タイムスケジュールから先々の予定まで夫婦間で調整が必要になりました。
毎朝毎夕、息子を後部座席に置いて、夫婦で話す場面がある。
家庭円満にかなり影響があったと思っていて、節約以上に効果的だったんじゃないかなと私は思っています。

 

田舎暮らしなのにスポーツカー好きな私が車を減らす、そんなに簡単なことではないけれど

 

私自身は車が大好きで、大好きで・・・自分好みのいい車に乗りたい!っていう想いは多分他の人よりも強いと思います。
若い頃はユーノスロードスターにMAZDASPEEDエアロを装着したり、オールペンで塗装をしたり、ビルシュタイン付けたり…かなりお金をかけていました。
今だって車趣味やりたいな!って思わないでもない(RX7ホスィ…)。

でも今の私は既に妻帯者で、息子がいます。
もう息子がいない暮らしが想像付かないって位には時間が過ぎました。
よくよく考えてみると「自分好みのいい車」なんてものには10年以上乗っていないんです。
また、そんな車に乗る余裕があるならばまずは教育資金と老後資金にメドを付けたいというのが今の気持ちです。
車を1台にするだけで(今の私には)年間142,000円も節約になるのがとてつもなく大きい。

 

自家用車の処分は失うものも大きいが、金銭面のインパクト抜群です


改めて考えてみると、自分が大学進学できたのも両親が進学費用を準備してくれていたからです。
つまりそれって私が子供の頃から小中高と成長する頃に、教育資金問題を真剣に捉えて先を見てお金の出入りをコントロールしていたってことに他なりません。

年間14万円の資金を捻出するのは至難の業です。
教育資金や老後資金の準備って、サラリーマンにとっては、ただ単に節約するとか残業代を稼ぐとか程度のがんばりではなかなか絞り出せない額ではないでしょうか?

車を処分するのはかなりの荒行ですけど、現金の魅力には勝てない。
正直「絶対やろうよ」とは言えない大技ですが、無いところから節約を考える方の参考になればなぁと思います。

それでは、MAHALO~