ぷらちなでいず

経営コンサルタント的なお仕事をしているオッサンのライフログ。 趣味はラグナロクオンライン:breidablik鯖にて2017年6月より復帰プレイ中 復帰前はmagni→vali鯖でした。 投資:少額ながらプラチナ投資を継続して実施していたりもします。

ボーナス時期直前だからこそ!基本に立ち返って給与明細のチェックと中長期計画の立案をしたい

まいど、涼宮ぷらちです。
 
今年度は勤務先で人事関連諸規定の改正ってのがありました。給与の内訳に関わるものです。例年通りの基本給アップが7,800円。息子にかかる扶養手当が2,000円アップ。トータルで9,800円アップになりました。
 
家庭内会議で妻に任せてある家計へ10,000円増としたのでこのアップ幅はそこで相殺されています。
 
(この家計配分の10,000円アップは保育料など収入額に応じて変動する種類の支払に関する支払総額が少しづつ増えてきている状況に対処するため、夫婦間同意の上で決定しました。)
 
税金などなど、基本給にスライドして上がってくるのって仕方が無いこととはいえ本当に性質が悪いですよね。いつまでたっても生活が楽になる感じがしません。
 
かるーく書いたけど「例年通りの基本給アップ」って文脈、凄いことです。特にブラック企業に勤めてた私にとっては信じられない制度です。よほどのことをやらかさない限り「例年通りの基本給アップ」って凄くないですか?しかも地方都市で。
 
まぁ裏を返せば営業職のような成果報酬的なジャンプアップ要素がありません。頑張って成果を上げてもサボりまくって社内の窓際族扱いだとしても昇給幅があまり変わらないという旧態依然とした護送船団方式でもあります^^;
 

給料についてのあれこれフラッシュバック

 
部屋や車の清掃というのは定期的にやっていますがつい先日、かなり昔の給与明細が出てきました。
 
これは極貧過ぎてかなり恥ずかしいのですが
「もう二度とこんな低待遇で勤務することは無いよなー」って思いますし
何よりこの劣悪な条件下から脱出してきたことが自分の原点でもあります。
 
引かれもの合わせても15万円を下回ってました。
 
いやぁ、なんか凄いね…(´⊙ω⊙`)
どうやって生活してたんだコレ?って謎ですがな。
しかもこの当時はタバコも1日1箱吸ってましたし、パチスロにも毎週のように行ってました。低所得者層らしいダメっぷりですね。
 

給与明細の中身をよく見てみると

 
社会保険が最初つけてもらえなくて、その間ずっと国民健康保険証でした。
確か月額14,000円くらい払ってたかなぁ・・・バカ高かった。
 
そして諸悪の根源、国民年金。これもやたら高くて払えないで滞納しまくってました(>_<) 社会保険証&厚生年金と比較して国民健康保険証&国民年金は労使折半じゃないから自己負担がガッツリくるので厳しいんですよね・・・。
 
で、なんで急に給料について語りだしたのかっていうとですね。
給与明細で重要なのが分析資料としての役割なんです。というのをお伝えしたかったのです。
 

給与明細をチェックして、これからの金銭面での計画を立てる

 
長期的に見た収支計画と資産運用・貯蓄計画を考えなければいけないのですが
私の職場では俸給制度って制度自体はあるものの俸給表って公開されていないんですよね・・・。(人事に掛け合えば多分閲覧だけはできると思うけど)
 
なので、基本給はだいたいどの程度上がるのかっていうのとボーナスは何か月分なのかっていうのとかの基本的なデータを取っておきたいなぁって考えていました。今回、新年度になる際に一度改めて条件を掴んでおこうと考えていたため、この基本的なデータをしっかり取れたので、今までよりも具体的に長期計画を立てることが可能になりました。
 
いったん粗で長期計画を立てて、いろいろなところから老後資金や教育資金に必要とされる総額や年割・月割のシミュレーションを出す→多分今とギャップがあるのでそのギャップをどう埋めるかの具体的なアプローチを考える というのが今後の予定です。
 
「目標は紙に書くと実現する」といいますが(実際そうだと経験則で思います)根拠となるデータもなく目標を書くよりは、根拠になるデータを取った上で、目標とのギャップを調整するための手段を考えるというほうがより実現可能性は高いと考えています。