ぷらちなでいず

経営コンサルタント的なお仕事をしているオッサンのライフログ。 趣味はラグナロクオンライン:breidablik鯖にて2017年6月より復帰プレイ中 復帰前はmagni→vali鯖でした。 投資:少額ながらプラチナ投資を継続して実施していたりもします。

中小企業診断士試験まで残り2カ月!最後まで諦めないぞ俺は。苦手科目以外の科目合格狙いでいきます

結局、この時期まできてしまった。

中小企業診断士1次試験まであと2ヶ月。何もしていないに等しい…。そのこと自体の是非はもう問うまいと決めています。今更あれこれ自分自身のふがいなさや仕事・家庭の事に忙殺されること、妻の非協力などなどを責めたとしても時間が増えたりするわけではありません。
 
残り2ヶ月しか期間がないことは変わりがないのです。
 
6月・7月の2ヶ月。全力でやるしかありません。もう何言ってるかわけわかんないんですが、やるだけなのでかえってすっきりします。
 

今できる最大限のことって何だ?

中小企業診断士って資格試験は1次試験で7科目ある範囲の広さ、量の多さが最初の関門です。一般的に1次試験7科目の合格には勉強時間で1000時間が必要とされています。まぁ試験の内容が割と実務寄りだし、モノによってはこれまでの経験が活かされたりするので人によってはその半分でもいけるでしょうし、また別の人にとっては倍の2000時間でも足りないってケースは出てくると思います。
 
でも単純計算でいえば「1000÷7=約140時間/1科目あたり必要学習時間」なのです。
日商簿記3級が必要勉強時間100時間とか言われてる(し、自分が実際やってみてそれくらいだろうと思う)のを考えると日商簿記3級程度の難易度のミニ資格を4つ取りに行くような難しさと思えばいいんじゃないかと捉えています。
 
私にとっては要するに財務会計と経済学(数字が出てくるウェイトが大きい科目)が鬼門というだけなのでその他4科目について「だけ」徹底的に対策をうっておけばいいんじゃないかという結論に至りました。
 
今年は中小企業理論・運営管理・経営法務・中小企業政策の4科目を取りに行く。
昨年合格している情報システムと合わせて、これで5科目合格。
 
残り取らなきゃいけない科目は財務会計と経済学の2科目。
 
財務会計と経済学は来年60点取ればいいんだ!ってことです。そりゃ戦略的には苦手科目の60点切りに備えて得意科目をブレンドして底上げしたほうがいいに決まっているのですが(実際今年はそれを狙っていたはず)
 
仕事しないで、受験専念でやれればまだ違いますが仕事して家庭ではパパをやって2ヶ月で6科目をまんべんなくやって平均60点狙いは、もうさすがに厳しい。
 
なので苦手2科目をパスして手堅くいく作戦にします。
 

財務会計と経済学について

とはいえ、まだ迷いがあるのも確かなのです。せっかく交通費使っていくのでワンチャンないかなーって。だって足切りの40点を超えておけば、合計で平均60点を超えれば合格するのですから。
 
なので、なぞるだけはなぞるような作戦もやるかもしれませんし、やっぱりやらないかもしれない。
 
思い切って今年はスルーしておいて、1年かけて中小企業診断士2次試験対策&税理士簿記論&財務諸表論とかも視野に入れた準備なんていうのもアリかもしれません。上位難関資格を想定すれば自ずとやるでしょ、っていう作戦です…けどかなり阿修羅なルートだな。
 

FP2級は9月受験にまわす。

今年春に思いつきで申し込んじゃったけど全然手がつけられずに受験料損したFP2級はひとまず先送りします。ただ、FP2級合格、AFP取得はやりたいなーやりたいなーってずっと思っていた事だし内容的にも本業とクラウドソージングのライティングにかなり影響するだろうなってモノなので、逃げずにきっちりやっていきたいです。もうテキスト買っちゃったしね…。