ぷらちなでいず

経営コンサルタント的なお仕事をしているオッサンのライフログ。 趣味はラグナロクオンライン:breidablik鯖にて2017年6月より復帰プレイ中 復帰前はmagni→vali鯖でした。 投資:少額ながらプラチナ投資を継続して実施していたりもします。

公私あらゆるタスクの効率化のためにipad mini4を導入した(選択編)

本当はXperia Tablet Z4が本命だった

 
正直なところ
タブレットを買いたい、導入したいというのは
ずっと思っていました。
そしてどうせ買うなら失敗したくないなぁって
いうのがありました。
 
過去2回、タブレットは私の手元に来ているのですが
 
Sony Tablet S…スペックの低さでカクカク。
Toshiba Windowsタブ…職場で配布されたものだけど
そもそもWin8が使いにくい。
 
こんな感じでロクなタブレットと巡りあわなかったので
次こそは絶対失敗したくなかったです。
 
そんな中で私が検討していた中で大本命だったのは
Xperia Tablet Z4でした。
 
10インチサイズの液晶画面なのに
8インチクラスに匹敵する軽重量
Android端末のため
SDカードによるデータの取り回しがラクラク
専用のBluetoothキーボードがオプションで設定されてて
恐らく使いやすさ抜群=ノートPC代わりに即戦力
と、無敵君じゃねーかって予測していました。
 
ただ、このXperia Tablet Z4は2015年7月の発売当時から
販売価格がえらく高くて
その後、後継機種も出てこないまま今に至っており
相場が高値安定しています。
 
そんなにお金がない私の現実的な選択肢としては
中古品の購入しかなかったかな・・・と。
 
で、こんな現役バリバリの中古品ってのは
地方の田舎都市にはなかなか置いてなくて
状態チェックもままならないため
購入に至りませんでした。
 

妥協案で考えたのがXperia Tablet Z2だったが

 
ならばと妥協案で1つ前のモデルに相当する
Xperia Tablet Z2の中古品を候補にあげました。
どんなに高価でも3万円以下には落ち着きそうな
Xperia Tablet Z2は悪くないのですが・・・
 
2014年のモデルで
docomoauからの発売もあり
WIFIモデルもあります。
 
そしていずれのモデルでも共通するのが
状態の確認が必要であること。
筐体4スミの塗装剥がれや画面の傷など
チェックする項目は多岐に渡ります。
 
docomoauのモデルだと
未納による端末の利用制限がかかってないかとかも
チェックしなければなりません。
 
忙しいからタブレットを導入しようって話なのに
導入以前にこれだけ考える事があるというのが
本末転倒な話です。
 

どうしても手が出せなかったXperia Z Ultra

 
通称「ずるとら」として名機の評判も高い
Xperia Z Ultraも今となっては中古品しかなくて
これもXperia Tablet Z2と同様に
現品の状態確認がなかなか手間という問題が
ありました。
 
絶妙なサイズは中小企業診断士試験対策の
ツールとしては抜群じゃないかと思うのですがね。
 
まぁ、Xperia Z Ultraは相場もそんなに高くないので
いずれ買うかもしれません(ニヤリ)
 

テマヒマよりもソッコーで使えるほうを選んだ

 
地元のHARDOFFやGEOに行けば
そこそこ玉数はあるのですが、大抵の場合
ガラスケースの中に保管されているため
状態確認は店員さんを呼ばなければなりません。
 
この時点で、買うかどうかってのを
勝手にプレッシャーに感じてしまうので
なかなか気軽にチェックできないのが難点でした。
 
そしてふと気がつけば、
手元には13,200円分もの
Appleのギフトポイントがあるじゃないですか。
 
あれこれ考えてる暇あるならもう買ってしまえって
感じでなし崩し的にipadを買うことが決まりました。
 
いくぶんか衝動買いだったことは確かです。
しかし、これ以上の期間を
タブレットというデバイスがない状態で
日々を過ごすのは無理があるな・・・
という判断を下したのです。
 
コストよりも利便性を取りました。
買った以上は、元を取るくらいに活用しなければ!
 
(なお、現在自宅のWIFI設定に手こずっています)