ぷらちなでいず

経営コンサルタント的なお仕事をしているオッサンのライフログ。 趣味はラグナロクオンライン:breidablik鯖にて2017年6月より復帰プレイ中 復帰前はmagni→vali鯖でした。 投資:少額ながらプラチナ投資を継続して実施していたりもします。

【日記非公開設定記念】mixiを書いてた頃の私を少しだけ振り返ってみる【クズ日記】

mixiとワタシ

2004年にmixiはスタートしてて
自分は2006年6月21日に
友人から招待状をいただき
mixiに日記を書き始めていました。

この頃のmixiは招待状がないと
ログインできなかったんですねー

今と違ってSNSのハシリの頃だから
何も考えずガンガン書いていました。

旧友たちとの接点が
繋がった喜びもあったし
20代になって
一応「働く、稼ぐ」っていう
面白さ、難しさとか味わってたし。
何でも書きまくってたなー

 

ネガティブの連発、そしてSNS疲れ

「何でも書く」ってことを
額面通りに受けてしまう人も
おめでたいけどさ・・・
ワタシは何でも書いてました。

辛い時にはつらいことを。
悲しい時には悲しいことを。
怒ってるときにはその怒りを。

mixiに全部書きなぐってました。

それに、付き合わされる友人知人は
大変だよね・・・

そして人つてにSNSで絡みにくいと
言われている事を知り、落ち込みました。

同じ頃には仕事ではとんでもない
クレーマーに粘着されて
恐怖で受話器を取ることができず
(これ今思えばだいぶ病んでるよね)

プライベートでも
うまくいかないことばかりでした。

ますます書く内容が荒れる一方・・・
もうSNSに疲れてしまって
筆を置くことになります。


どんな感じだったのか、オープン!

2009年(今から8年前、34歳の時)の
自分の日記を引用してみます。
だいぶ痛いですよぉー。

地名や人名は伏せますけど
改行とかは当時のままで転載しますね。

------------------------------------

ご連絡と、カミングアウト。
2009年08月12日23:31

■業務連絡■
8/12深夜(厳密には8/13)~8/16まで
祖母の初盆で●●に帰省します。

■カミングアウト■
ついでなので、近況をー。
唐突なんですけど、うち、今無職になってますねんorz
今年の6月から、ほとんど仕事してませーん。
6月は中旬までは、これ幸いと一日中資格試験対策してましたから
言うほど時間はなかったんですがね。

細かい話は省略するとして。
最近は日々、仕事を探し、履歴書と職務経歴書と添え状を書き
社会のどこにも居場所無く彷徨っております。
俺は今、毎日が夏休みだっ!!


全然嬉しくねえーTT

これがまた、今の景気ですから…仕事がない!
(元々●●は田舎なので景気に関わらず仕事はないよね)
妥協して履歴書出しても、うまくいかないー…

ほんと、これをカミングアウトすんのは
見栄っ張り気質のある俺様としては
とてもとても辛いのですが
先ほど●●さん(注:親友です)に叱られまして…

いや、みんなが俺を心配してくれてるのはありがたいと思ってるのよ。
ほんとに。ほんとに。

でもまあ、確かにこれ以上長いこと今の状況ってのは
無理があるよなと思い、えいっと思い切って書いた次第です。

6月以降はすごーい落ち込んでる時には
もうほんと、誰とも話したくないってくらいになるんで
つい、音信不通になってしまいがちでした。

かといって、mixiに書くような話題も無い日々だしね…

これまでのこと、皆さん申し訳ございませんでした。


●●でご先祖様にうだつの上がらない駄目人間ぷりを
ご報告してきます。

みなさんは、よい休暇を。

------------------------------------

これは、ひた隠しに隠してきた
自営業を廃業した事を初めて友人達に
報告した時の日記です。

 

夏に友人達で企画した

旅行に行く返事ができずに困っていて

やむを得ず、こうなった次第。

 

この後、ツナギで半年働いたトコロが
かなりの低民度
ここはまだ地獄の入口みたいな
タイミングなんですが・・・
ってこの頃のワタシは

どんだけ人生ハードモードなんだ

 

そして自分が今の職場への転職が決まって
何とかマシな水準の暮らしが
できるようになるまでに
ここから更に4年ちょっとかかるわけです。

 

他人様にはもう見せたくないけど

他人様にはもう見せたくないし
見せる必要もないし
見せたところで

なんら生産性はないのですが

 

私自身にとっては
過去の自分を振り返ることができる
貴重な証言集であるといえます。

痛くて読みたくないけど

でも、昔何があったか
何を思い考えていたのか
何を知らなかったのか
そういうイロイロなことを確認したい時に
たまに見ることができる資料です。