ぷらちなでいず

経営コンサルタント的なお仕事をしているオッサンのライフログ。 趣味はラグナロクオンライン:breidablik鯖にて2017年6月より復帰プレイ中 復帰前はmagni→vali鯖でした。 投資:少額ながらプラチナ投資を継続して実施していたりもします。

【黒歴史】mixiの日記の公開範囲を一括で「非表示」にしてしまう方法【封印】

ALOHA~ 涼宮ぷらち(@platinumszmiya)です。

ふと、mixiに昔書き連ねていた「黒歴史の駄文全て」を封印したいなと思いました。

今回はmixiに書いていた日記の全てを削除せずに完全に非公開にしてしまう方法を伝授いたします。

同じこと考える方に参考になれば!

 

f:id:platinumsuzumiya:20190930205901j:plain

mixiに書かれた「恥ずかしい日記」は削除せずに一括非表示だっっっ!!!

 

mixiはパッと見、日記の公開範囲を一括で設定できる場所がわかりにくい

 

PCブラウザで表示した場合

右上のほうに

アカウント表示があるので

そこを左クリックすると

「設定変更」という項目があります

 

f:id:platinumsuzumiya:20171225162154j:plain

 

 

設定変更が様々あるのですが

右上部に「公開/非公開範囲の設定」という項目があります。

今回は日記の公開範囲を選びますが

つぶやきを多用してた方はそっちもですね。

f:id:platinumsuzumiya:20171225162431j:plain

(ホント黒歴史だけど

・友人のつぶやき非表示

・友人の日記非表示 は

フラれた女のイマを常に見せられるのが

辛くて辛くて・・・設定していました)

 

f:id:platinumsuzumiya:20171225162824j:plain

設定変更→日記公開範囲を変更すると
過去の日記が全て非公開になりました。

これで私がどうしようもなかった
ウダツの上がらなかった頃の日記は
一応、封印されたわけです。

何日もかかりそうだった作業が
一瞬で済みましたゼ。

 

mixiに書かれた「恥ずかしい日記」を非公開に黒歴史封印の護符を貼ろう

 

mixiが大流行したのは10年以上前です。

すなわち、mixiを頑張って使っていた人であればあるほど

10年前の自分が書いたテキストが並んでいるのです。

 

10年でさほど変わりない人であれば問題ないのですが

下手したら10年前は

「厨二病真っただ中の学生さん」だったりするケースもあるわけです。

 

記事1つ1つを選んで消せばよい程度の量ならば作業も簡単ですが

mixiの一括非表示は意外と分かりにくいんですよね。

 

私が「なぜmixiの日記を封印しようと思い立ったのか」を語る

 

今でこそ正規雇用で某社にてサラリーマンをさせてもらって

妻子を養っていますが、これは5年前からの話です。

それより前って本当にうだつの上がらない暮らしをしておりました。

 

周囲の友人知人が社会で成長していく中

ワタシときたら・・・

 

・パソヲタ街道まっしぐら

・スロプー

・イキって自営業したけど、ぐだぐだ

 

仕事も恋も何もかもうまくいかなかった頃の

くっそ恥ずかしい日記がmixiに書かれていて

今でも友人知人に読まれてしまう。

 

今の私がまず書かないであろう内容が、まだmixiには残っています。

確かにそれは私が書いたものだけど月日は流れて

今の私ならば自分なりのルールに則って書かない、アップしないような

テキストが赤裸々につづられています。

 

この状況はやっぱり改善しなければならないでしょう?

 

一括で削除すればいいじゃないって話もあるが

 

「わざわざ非表示にしなくても、まとめて削除してしまえばいいやん?」

ええ、ワタシもそう思います。

 

でも、mixiに残された私の駄文は

2006年6月21日・31歳から

2013年5月26日・38歳

(一応まともに書いてある最終日)まで7年間の記録です。

 

正直、痛い。

もう見てらんないくらいに痛い。

客観的に見ても無価値。

 

だけど、その当時のワタシの

気持ちとか感情、身の回りの出来事が確かにmixiには書かれていて

 

それは二度と書けないものだし

情緒の面を抜いても記録として

参考になるものです。

 

例えばラグナロクオンライン(ネトゲ)のプレイ開始が

2007年8月23日であることが

翌8月24日の日記からわかります。 

 

こういう理由で、mixiの日記は

一括削除じゃなくて、非公開設定にしました。

 

♪さよならは 別れの

言葉じゃなくて

ふたたび逢うまでの

遠い約束~

 

それでは、MAHALO~